プレイしたiPhoneゲームリスト4

Kindle読書が増えてきて、ゲームをプレイする時間が減ってきてます。

テラバトル★★★★:パズドラのはさみ将棋版って感じ。制限内でコマを動かす緊張感、スワイプ中に他のコマも連動して動かせたり、他キャラの配置によってコンボになったり、地形効果、キャラスキル、パワーアイテム等の要素が絡み合って、ちょうど理解できる範疇内でゲームメカニクスが設計されていて楽しくバトルできました。時間限定で登場するメタルダンジョンもあって再来訪も促されます。2週間ほどハマってそれからやらなくなってしまった理由としては、第18章ぐらいで敵が強くなって進めなくなってしまったこと、かつ、まだ課金してないけれども手元にはガチャで当たったSSクラスのキャラもいるが、いざバトルに出してみるとそれほど他のキャラとの強さの差がないように感じるため、課金ガチャに魅力を感じないこと。むしろキャラを進化させたら強くなるんだけど、進化のためのアイテムがドロップしない(課金含め、入手経路も分からない)ので、強い敵相手に八方塞がりでプレイしなくなってしまった。

ひまクエ+★★★:ちょっとの時間でもプレイでき、なんなら画面見なくてもプレイできるのでついついプレイしてしまうゲーム。武器強化の効果も分かりやすく、進行距離を見て達成感を感じられるつくりになっていて良い。

ドラクエ3★★★★★:思い出補正でクリア。バーチャルパッド移動も最初慣れないものの、思い出補正で乗り切った。音楽が聞けるだけでもお金払う価値あったなぁと思うほどの思い出補正。

FFRK★★:ドラクエに比べるとFFには思い入れがないので、思い出補正はなく、メインとなるバトルはエフェクト等が綺麗なものの、内容としては体力制のオーソドックスな戦闘なのでハマれず。

生きろマンボウ!★★:周りの人の評判も良いよくできてる育成ゲーム。僕がプレイした時期が遅く、それまでに既にSNS上で友達がいろんなマンボウの死に方をシェアしていたため、マンボウのいろんな死に方を楽しむというコア要素を楽しみきれずに終わってしまった。

白猫プロジェクト★★:キャラの表情(テクスチャ)が一定なので、常にニコニコし続けながらステージを進んでいくあたり、スマホゲーの過渡期なんだなぁと思う。

Backflip Madness★★:半沢が流行った時、これの土下座版を作ろうとして作らなかったなぁと思い出した。友達とわいわい楽しむのに良さそうなゲームなので、一人でのプレイは長続きしない。

ソリティ馬★★★★★:3DS版での良さを多少オミットしているものの、3DS版をプレイしたことがある人はそのまま楽しめます。逆に始めてプレイする人は、競馬+ソリティア+独自ルールを理解するのにちょっと戸惑うかもしれない。課金しなくても楽しめてしまう。

CONTRACT KILLER SNIPER★★★:個人的にスナイプ感のあるゲームが大好きなので好きなタイプのゲーム。このゲームにはフィールド移動やナイフ攻撃等の要素もあるので、同社が既にリリースしているDearHunter2014の方がスナイピングに特化している分楽しいと思う。

Nimble Quest★★★:どんどん長くなっていく勇者パーティーでスネークゲーム。キャラごとの攻撃方法やアイテム効果も盛り込まれていて面白い。

僕の惑星★★★★★:地球の生物増殖をテーマにしたクッキクリッカーゲーム。画面がにぎやかになっていく気持ち良さ、そして何より数字の増加量がインフレして上がっていく快感。最後までプレイした。

ALONE★★★:スワイプ式のFlappyBird。高速スクロールが特徴。上下移動におけるスワイプの方向が想像とは逆方向なので、そのむずがゆさが特徴となってムキになって何度もプレイしてしまう。

FF G-Bike★:バイクゲームの精度や気持ち良さがいまいちだったので、チュートリアルを終えたぐらいでアンインストールしてしまった。

乖離性ミリオンアーサー★:それほど声優業界にも興味がないので、チュートリアルを終えたぐらいでアンインストールしてしまった。

3594e★:敵を倒す爽快感をあまり感じることができなかったため、シャアの声優さんの登場を待たずにチュートリアルプレイ後にアンインストールしてしまった。

関連エントリ
プレイしたiPhoneゲームリスト3
プレイしたiPhoneゲームリスト2
最近プレイしたゲーム