ソリティ馬

ニンテンドー3DS用ゲーム。ニンテンドーeショップで500円でダウンロード販売されています。
僕もソリティア+αなゲームを作ろうと思っていろんなソリティアゲームをプレイしたところ、このソリティ馬がダントツで面白くてこればっかりプレイしてました。
ソリティアというと、左から右に三角状に置かれたトランプを入れ替えて4枚のA(エース)を抜き出せばクリア、というルールなのかと思っていましたが、ソリティ馬のような、「スピード」のように場の札を全部なくすゲームもソリティアの一種(ゴルフ)と言っていいのですね。僕こっちの方が好きなのです。

小目標・中目標・大目標がちゃんとある

超ざっくりいうと
小目標:ソリティアをうまくやる。レース中のアイテムをとりつつレースに勝つ。
中目標:強い馬を作って強い子馬を産む。
大目標:全レースタイトル制覇(トロフィー集め)
みたいに、シンプルなソリティアというゲームだけど、継続してプレイしてもらう仕立てがちゃんとある。

動きの気持ち良さ

最初のカードが並ぶ時の動き、カードをめくるときの動き、カードをタッチして引き寄せるときの動き、その他ゲーム全体の動きの気持ち良さが、さすがコンシューマーゲームメーカー!
他のスマホ用ソリティアには気持ちの悪いモーションが付いているタイトルもあり、結構気にならない開発者もいるのだなぁと思いつつも、自分はFlashを使っていたこともあり、大事なポイントなので注力したいですね。

ペンと指とでの操作感の違い

冒頭にも書いた通り、ソリティ馬のような制限時間があるソリティア自体がすごく熱中度高いので、そりゃ面白いです。
スピードが要求されるので、これをスマホで再現しようとしたときに、3DSのようなペンではなくて、スマホは指タップになるため、札が指で隠れてしまうという勝手の悪さをどう克服するかもちゃんと考慮しないといけないですね。

その他、
・ロード中に表示されるルール説明が、丁寧で重要なことがいくつも書かれているのでちゃんと読んでしまう。これによってロード待ちのストレス軽減。
・レースで2位以下になった場合のナビキャラ(馬)のレース総括が賢い。
・反射神経重視のレーススタートの仕様が良い。

link: ソリティ馬