Maya LT 101 で勉強する

AutodeskがMaya LTの基本操作等をMaya LT 101というチュートリアルビデオとしてYouTubeにアップしているので全部見ました。


まずは MayaLT でのプロジェクトファイル保存の概念について。通常は MayaLT のデフォルトフォルダに保存されてしまう。「ファイル>プロジェクトウィンドウ」を開くと、プロジェクト一式がどこに保存されるか表示されるが、このウィンドウの新規ボタンや、フォルダ変更ボタンでプロジェクト保存場所を変更することができる。
また、制作途中のプロジェクトを複製して別の場所に保存したいような場合は「ファイル>プロジェクトの設定」で、今開いているプロジェクトの保存場所を変更指定することができる。


ユーザーインターフェースについての説明。

画面上部メニューのプルダウンパネルの一番上の二本線をドラッグすることで、そのウィンドウを分離できる。
メニューセットを変更すると、画面上部メニューの項目も変わる。

シェルフタブ左端のボタンで、シェルフのカスタマイズができる。ここからシェルフの種類の変更もできるので、シェルフタブを非表示にしてしまって、切り替えはこのボタンでやってしまえば、ステージを広く使うこともできる。また、新規にシェルフを作成することも可能。


左端のチャンネルボックスはフローティングにすることもできる。頻繁に行き来することになるチャンネルボックスとアトリビュートエディタの切り替えは上のボタンやショートカットCtrl+Aが便利。
レイヤー作成時は「ビュー状で選択しているオブジェクトを新規レイヤーにまとめる」ボタンも用意されているのが便利。


画面下部のプレイバックメニューについての説明。ここではフレーム再生などアニメーション関連の操作ができる。MELウィンドウもここから開ける。


左端にあるビューポート操作関連の説明。ビューウィンドウの分割表示等の切り替えができるが、4分割と1画面の行き来をスペースバーをタップして切り替えるのが一番手早い。マウスカーソルがのっているビューをスペースバーで1画面表示にできる。
キーボードで隣り合っているQWERはそれぞれQ(選択ツール)、W(移動ツール)、E(回転ツール)、R(スケールツール)のショートカットになっていて多用するので覚えておくこと。


ビューポートについて。各ビューポート上部にはオプションボタンが付いているので、ここで各ビューごとに表示設定を切り替えられる。
トップメニューの「ディスプレイ>ヘッドアップディスプレイ」のオンオフでポリゴン数などの表示をビューポート全体でオンオフできる。
ショートカットは4,5,6,7キーで、ワイヤーフレーム、シェーディング、テクスチャマップ使用、ライティングのみの表示切り替えができる。


ビューポートナビゲーションについて。3ボタンマウス推奨。
Option+左ドラッグで回転
Option+中ドラッグで上下左右にパン移動
Option+右ドラッグでズーム移動(ドリー)
ビューウィンドウ左上の「ビュー>カメラの選択」で、チャンネルボックスにカメラ情報が表示され、マウスでビュー操作するとカメラの値も変更されるのが分かる。
3ボタンマウスがない場合「ビュー>カメラ ツール」でドリー操作等ができる。
ビューを初期状態に戻したい場合、
選択項目をビューにおさめる(Fキー)と、全オブジェクトをビューにおさめる(Aキー)と、ビューの初期状態に戻る(Option+home(Macbookの場合fn+左カーソル))はよく使う。
4分割表示の時、Shift+F,Shift+Aで、4画面全てを一括で上記のように操作できる。
ビュー上部ボタン「パネル>コピーをティアオフ」で、そのビューを別ウィンドウで開ける。デュアルディスプレイ用にいいかも。


トランスフォーメーションツールについて、前述の通り、WERキーのショートカットが便利。
Homeキー(Macbookの場合fn+leftキー)でモディファイアがピボットポイント変更モードにに切り替わる。オブジェクトの基準点を変更できる。「修正>中央にピボットポイントを移動」でもとに戻せる。
Ctrlキーを押しながらモディファイアのZ軸上でドラッグすると、Z軸移動はせずに、X,Y軸方向のみでオブジェクト移動することができる。

また、数値指定したい場合は右端のチャンネルボックスから指定するが、ドラッグ選択することでX,Y,Zに一括で数値入力することができるので、全てを0にしたいとき等に役立つ。オブジェクトを複数選択して、チャンネルボックスのX,Y,Z項目を選択して、ビュー上でドラッグすることでオブジェクト全部に一括指定することもできる。
アトリビュートエディタ上では、数値フォーム上でCommand+ドラッグで変更できる。

画面左のトランスフォーメーションツールをダブルクリックでワールドとローカルの切り替えができる。


レイヤーエディタについて。デフォルトでは空になってる。
新規レーヤーを作成した後にオブジェクトを追加する時は、オブジェクトを選択してから、レイヤー上で右クリックで「選択したオブジェクトの追加」で追加できる。
「オプション>現在のオブジェクトを現在のレイヤーに追加」をチェックしておくと、新規に追加したオブジェクトがそのレイヤーに入った状態で作成できる。デフォルトではチェックが入っておらず、その状態の場合はどのレイヤーにも属さない。
レイヤー名の上で右クリック>メンバーシップで開くウィンドウで、どのレイヤーにどのオブジェクトがあるかを一覧・編集できる。
「T(テンプレート)」や「R(リファレンス)」レイヤーにすることで選択できないガイドのような状態になる。
レイヤー名を右クリックしたときのメニューからいろんなことができる。例えば特定のレイヤー以外をワイヤーフレーム表示するようにもできる。


スペースバー長押しで表示される「ホットボックス」について。
ホットボックス中心のMayaから四方にドラッグすることで、ビューの切り替えができ、慣れればスペースバーでビューを切り替えるよりも速い。
オブジェクトの上で右クリックすると、オブジェクト編集に役立つホットボックスが表示される(頂点・エッジ・ポリゴン選択切り替えとか)