ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

スーパーファミコン時代の前作同様、フィールドやダンジョンの仕掛けを、アクションやアイテムを駆使して解き進んでいく上から視点のアクションRPGゲーム。謎解きのバランスが素晴らしいです。

謎解きの楽しさ
自由度が高く、割とノーヒントなのがこれぞ謎解きゲームという感じで最高です。ヒントが少ないというのは語弊があるかもしれません。巷の多くのゲームのような、町の人がヒントではなく「答え」を教えてくれるというのことではないという意味です。例えばですけど、目の前に炎が燃え盛っていて行き止まり、、アイスロッドを使おう!とか、スイッチが2カ所あって同時に押していないと扉が開かない、、石像を引っ張ってこよう!ということなので、本当の意味でヒントをもとに、解決策を考えるということを要求されます。だからこそ解けた時には相応の快感が得られます。
さらに今作は壁画になることで壁の中を歩けるようになるので、探索の可能性がぐっと広がっていますし、冒険感・探索感がさらに上がっています

ボスも結構強いし、そのボスにどのアイテムを使えば良いかは結構ノーヒント(前作やってると分かったりすることもあるけど)なので、「もしかしてこの武器が有効なのかも!?」と考えてそれがハマったときの嬉しさは久々の感覚です。

自由度
便利なアイテムはお金を払って借りるレンタル制になっています。なので序盤でブーメランやフックショット等の大抵の武器は手に入ります。だから、レンタルが解禁されたらアイテムを使って邪魔な岩を爆破したりすることで一気にいろんな場所に行けるようになります。人によってはアイテムや隠れダンジョンの探索をしてもいいし、シナリオをそのまま進めていってもいいし、広大なフィールド上でプレイヤー自身の意思で次にどういう探索をしようか決められる自由度がすごく高いです。
これによって「次のダンジョンに行く前にもっと強くしておこう」とか「後で取るべきようなアイテム(ハートの欠片など)を早い段階でゲットした僕ってイケてる!」感を味わえます。これは最近のスマホゲームでは省かれた要素で、これが「冒険」なのだと感じます。なんというか出し抜く感じ。
とはいえユーザーが感じる出し抜き感も、いきつくところはものすごいゲームバランス調整の賜物ですので、結局は開発スタッフの掌の上で遊んでいるのですけども、プレイヤーに自由度が他のゲームと比べてすごく高いです。

ゲームオーバーするとレンタルしたアイテムはなくなり、再度お金を払って借り直しとなります。死んだときは僕はお金がもったいないので電源オフにしてセーブポイントからやり直すようにしています。もちろんそこでリセットするかコンティニューするかは、レンタル代をどう捉えるかというユーザーのリスク感覚にゆだねられているので、リセットすることを自分で決めた感があるので納得度は高いです。

ストーリー
シナリオだけでユーザーを感動させようとするシナリオではなく、ゲーム、アクション、謎解きを違和感なく円滑に進められるためのシナリオというのが、やっぱり任天堂のゲーム好きだなぁと思わせてくれます。
「風の館」はトルネードロッドを活用するダンジョンだから「風の館」だし、「ペガサスの靴」は足の速い泥棒から貰えるし、リンクが「絵になる」という経緯をきちんとストーリーに馴染ませているし、、いちいちそういう納得度がすごく高くて、キャラのセリフが冒険に直結していて無駄がない感じです。※もちろんユーモアは入ってます。
2つの世界の名称がハイラルとロウラルでいいじゃんというノリがすごく好きです。ちゃんとロウラルは暗い世界だし。
やっぱり、機能やアクションといった「操作することの楽しさ」を考えてからシナリオ作ってるんだろうなと思うし、その方がユーザーとしても楽しいと感じると思います。

その他
昔のゲームを踏襲して、基本上から視点なので2Dで作ろう!というのではなく、世界を3Dで作っておくことで高低を活かしたダンジョンや、壁移動時の3D視点変更といったアクセントが活きていて、リバイバルだけど新しいことをやっているのがさすがにスゴい。
3D=視点グリグリのFPSゲームみたいなのが嫌だからといって、2Dで、しかも懐かしい感じでドット絵で、、みたいな安直さとは別次元のレベルの高いゲーム

いつも通り、任天堂サイト「社長が訊く」で開発スタッフの話が読めますが、今回の真上視点のゲームが実はキャラクターは地面に対して斜めに立っている(そうしないとリンクが緑の帽子だけが動いてるような視点になってしまうから)という話が面白かったです。また、壁画になるまでのプレイ感、グラフィック表現の検証についても、作りながら考えていくスタイルの事例として素晴らしいなと参考になります。
ゲーム中のBGMもスチャダラパーのCMソングも昔の記憶が蘇ります!

link: ゼルダの伝説 神々のトライフォース2公式サイト