D.O.T.

DeNAからリリースされているドット絵モチーフのクエスト型ゲーム。

クエストはパズドラと同様、小クエストをクエスト戦闘画面は画面下部に3×3にならんだ自軍ユニットを縦横斜めの好きな方向になぞることで、攻撃するユニットを決める仕立て。
よく動くドット絵は収集しがいがあるし、バトルスピード調整もできてテンポ良く進めることができるので、結構続けて遊んでしまいます。

最近のスマホゲームは、ガチャでキャラがゲットできるのはまだ変わってないけども、キャラクターグラフィック自身が動くようになってきたこともあって、カードに描かれたキャラという見せ方はなくなってきました。今後もキャラは動くべしの風潮に進んでいくと思うので「キャラカード」は徐々になくなりそうですね。

序盤のユーザー訴求が上手くて、序盤で強化&キャラ進化で相当強化される場面を見れるようになっていて、「なんかすごいキャラができた、、もうちょっとゲームを続けてみよう」と思わせるようになっています。

キャラにはHP、攻撃力、属性、必殺技などのおなじみの項目の他、キャラごとに装備品を割り当てられるようになっていて、あまりプロパティが増えるのはややこしさを招くけれども、これぐらいなら直感的に理解できて、強化の楽しさも向上するいい施策だと感じます。

実装については、Webviewの上にCocos2D-xを部分的に重ねるという技巧的な実装をされていて、DeNAのエンジニアリングはすごいなと思いました。→スライド資料

link: D.O.T.(iOS / Android)