Run Sheldon

iOSの横スクロールのランゲーム。「ウサギと亀」がモチーフになっていて、亀の自キャラを操作して、コインを取りつつどこまで距離を進めるかを競うゲーム。
2Dグラフィック演出が奇麗なのが参考になりました。

・コインを取ったときは、取ったコインが画面後方に流れていくような演出。
・タップ時間に応じてジャンプの強弱が変えられる仕立て。(関連:会社ブログにてそれっぽいコード書いたことある)
・毛嫌いされることがあまりないであろう、クセのない奇麗なイラスト
このあたりはマリオの影響が伺える。

・キャラがやられるとスローモーション演出になり、その間にコンティニューするかどうかを決定するという見せ方は簡便でいいと思う。
・ミッション3つ提示システム(ExtremeRoadTrip2と同様だけど、やや見せ方&ご褒美提示が弱い)

・敵のウサギはジャンプで避けてもいいのだけど、リスクをとって踏んでやっつけることで、甲羅ゲージが貯まって1ダメージ分を補充してくれるメリットとなっている。
・奥行きの視差を活かしたシーン切り替えは気持ちよい。

全体として普通のランゲームだけど、シンプル操作が必要なスマホUIのことも考慮すると、この手のカジュアルゲームは今後も一定数存在し続けることになると思います。そうなった時に強化要素やミッション提示等々の工夫で「明日も起動したくなる」ような仕立てをどう盛り込むかが肝要ですね。

link: Run Sheldon(iOS)