Cyclesレンダーで地面に影はあるけど地面は透過な背景透過画像をレンダリング

通常のblenderレンダーであれば簡単にできるけれど、開発途上中のCyclesレンダーだと手間取ることもあり、これがそのひとつ。
キャラクターをスプライトシート素材として利用したい時、地面におちるキャラクターの影は必要で、地面自体は不必要なので透過させた画像をレンダリング出力する方法。

同様に悩んでいるBlenderユーザーも多いらしく、検索で探しまわったところ
shadow catcher with Cycles?
の記事を見つけました。
例示されている.blendファイルもダウンロードできるので参考にすればできました。


※クリックで拡大

レンダリング設定は、フィルム>透明にチェックを入れます。次にレイヤーを2つ作成し、床だけを別レイヤー(下記のレイヤーUIでいうと左下)に置き、Restレイヤーに床以外、Bodenレイヤーで床をレンダリングします。命名は元ネタ記事のサンプルに従っています。Restのマスクレイヤーの設定と、Bodenのサンプル数、AOと影にチェックすることに注意。


以上、元ネタ記事のサンプルファイルに従います。

レイヤーを使って、キャラ(地面なし)と地面(影あり)の2枚の画像を別々に出力して、それらをノードエディターで加工/合成していく。
リンク記事と僕のケース(上画像)で違うのは、影に対してトーンカーブで調整かけている点と、合成語の影付き画像を最終出力(コンポジット)に繋いでいる点。
素人なので、今回はほぼサンプルに従ったけれども、僕の場合は左から2個目のミックスノードまでは不要だったかもしれない。(僕の場合は乗算ノードは不要だった)