奇跡が起きるゲーム

パズル&ドラゴンズ(パズドラ)とドラゴンコインズ(ドラコイ)を比べつつ感じたのは、ゲーム内でどれくらい奇跡がおこるかどうかが大事かもしれないということでした。

戦闘中に、「あと1撃食らったら死ぬ!」というとてもピンチな状況に追い込まれた場合、パズドラの3マッチパズルであれば、できるだけ多くのストーンを消して、代わりに運良く回復ストーンが落ちてきて一気に体力が回復して助かる、あるいは、運良くものすごいコンボになって敵を倒せる、といった奇跡的なラッキー状況が比較的起こりえます
対して、ドラコイの場合は、ギリギリの状況で回復コインやスキルボックスが発動するという奇跡はもちろん起こりえますが、いかんせんコインが落ちてくるゾーンと、カードのポケットの場所が距離的に離れているので、突発的な奇跡体験という点では少しひけをとっているように感じます。
もちろんドラコイのバトルも奇跡が起こる仕立てになっているし、メンバー編成で勝ったり負けたりする駆け引きもきちんとありますので、今すごくハマっているのですが、今後ゲームを企画する際は、今回書いたような奇跡を設計できればいいなと思いました。

そういえばyugopさんが以前、物理エンジンを逆計算して奇跡体験を表現したFlashで、「奇跡」について書かれていたなと思い出しました。奇跡は気持ちいいですね。